一度だけ…送別会の夜に誘われた抗えない禁断のワンナイト

一度だけ…送別会の夜に誘われた抗えない禁断のワンナイト イメージ画像

寿退社する私の送別会が盛大に行われた。でも本当に、別れを惜しみたかった人とは話すことができずに終わり寂しさを感じていたら―。「送るよ」タクシー乗り場で彼に声をかけられ、戸惑う私を尻目に連れて来られたのは会社。「ずっと・・・欲しかった」彼の言葉が、体温が、私の脳を甘くとろけさせていく…。イケない蜜の味を味わっちゃってください(∀)ミルキー専属作家、葉月さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます