イかせる気のない愛撫で翻弄される意地悪でドSな新婚エッチ (ページ2)


「っああ、いっちゃうの、恥ずかしいよぉ!」

「感じてる澪、可愛い、もっと感じて?」

ズルいよ、そう言われたら快感が止まらない。

大好きな彼の手で、舌で、おっぱいだけでいっちゃう!

と思ったら、彼が手を止めた。

「えっ?え?」
「やっぱ気が変わった」

意地悪!
最初から寸止めするつもりだったくせに!
そう言いたいのに疼きに耐えられなくて、何も言えない。

「どうした?腰が動いてるけど?」

そう言って、私の脚を開いて中心に厭らしく触れる。

「っあん!」

すごい濡れてる、と彼の欲情した声が下から聞こえてきた。

そして、生温かい感触が私の中心に広がる。
クチュクチュ、思わず耳を塞ぎたくなるような卑猥な音が部屋中に響く。

「あっあっ、っやだぁ」

彼の舌が上手に私の花弁を包む。
それから、強く吸い付く。

「っだめ、っやぁだぁ」

しっとり湿った中に指を2、3本入れてきて忙しなく私のいい所を刺激する。

「嫌がってるわりには締め付けてくるけど?」