雨に濡れた幼馴染が突然やって来て…一線を越えるお風呂エッチ

雨に濡れた幼馴染が突然やって来て…一線を越えるお風呂エッチ イメージ画像

雨に濡れたシャツを脱いで、シャワーを浴びようとしたその時。家のチャイムが鳴った。何も考えずそのまま玄関に向かえば「ごめーん、シャワー貸して?」同じくびしょびしょの制服を身にまとった、色香を増した幼馴染がそこに立っていた。「して、お願い。」「一回だけでいいの」腕を引かれて風呂場になだれ込めば、震える瞳と声で懇願されて―。ミルキー専属作家、ひとえさんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます