極甘彼氏にリードされるはじめて尽くしのデート

極甘彼氏にリードされるはじめて尽くしのデート イメージ画像

一学年下の彼の一人暮らし宅に招かれた恋愛経験の乏しい私。入ってすぐ、真っ先に目にしたのはベッドで…。だって、このシチュエーションが意味するものといえば―。「抱きしめていい?」「可愛いよ。すっごく」「気持ち良くなってくれて嬉しいよ」極甘な彼のセリフ・仕草に骨抜きにされちゃってくださいな(∀)ミルキー専属作家、柴子さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます