束縛彼氏から監禁されている中、外出したら…お隣さんに聞こえちゃう玄関エッチ

束縛彼氏から監禁されている中、外出したら…お隣さんに聞こえちゃう玄関エッチ イメージ画像

「…閉じ込めてしまいたい…ずっと俺だけを見て…」私はこの願いを、受け入れた。監禁というには自由の多い生活を送っていたある日、彼の帰りが遅くなると連絡があって―。「…出るなって、あれ程言ったよな」玄関扉に縫い付けられるようにして私は彼に食べられる。外ではお隣さんの声が聞こえる中で…。これも1つの愛のカタチ。ミルキー専属作家、さゆるさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます