「俺の方が先だよね」嫉妬した兄の友人に押し倒されて…密かな片想いが結ばれる日

「俺の方が先だよね」嫉妬した兄の友人に押し倒されて…密かな片想いが結ばれる日 イメージ画像

家の呼び鈴が鳴って、玄関を開けるとそこには密かに憧れていた兄の友人が立っていた。「これから二人で出掛けない?」驚き戸惑いながらも、悩む暇を与えない彼に私は家から連れだされて。近況を話し合っていたら、彼の機嫌が徐々に悪くなってきて―!?「もう待たない」嫉妬心が、彼の理性を焼ききった。思わず羨むシチュエーションが詰まってます(>w<)ミルキー専属作家、Etsuさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます