「俺とセックスしませんか」と微笑む彼の目の奥が冷たくて

「俺とセックスしませんか」と微笑む彼の目の奥が冷たくて イメージ画像

片思いしていたセフレに振られた夜、ショットバーの店員の彼から「俺とセックスしませんか」と誘われ、一人になりたくなかった私はそれに応じた。優しく笑うくせに目の奥が冷たく光る彼に翻弄され・・「手加減、しませんよ?」―ミルキー専属作家、ツキノウタさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます