まるで弟のような新入社員が酔い潰れて…用意された言い訳

まるで弟のような新入社員が酔い潰れて…用意された言い訳 イメージ画像

本配属の決まった新入社員の歓迎会後。私はなぜ、今にも寝そうなほど酔っ払っているこのコとホテルにいるのだろう…。「酔ってなかったら、いいんですね?」呆れ半分、それでもちゃんと介抱してあげようと思ったのに。突然の熱のこもった視線、そして満足そうな声音で私の心を一気に塗り替えてきた―。鮮やかなまでの年上キラー!なんとも愛らしい策士な彼に落ちちゃって下さい!ミルキー専属作家、Emijahさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます