後輩の相談に乗ったら備え付けの手錠に繋がれて支配されるカラダとほどける心

後輩の相談に乗ったら備え付けの手錠に繋がれて支配されるカラダとほどける心 イメージ画像

歳の離れた弟も同然だった後輩に、私は壁に取り付けられている黒皮の太い手錠で拘束されている。ろくに抵抗できないままに服を脱がされ、骨抜きにされるようなキスをされて―。「俺のものにしたいの」「だめ。こっち向いてて。顔もっと見たい。」強引だし俺様だしSっ気ありあり。だけど、なぜか子犬のような庇護欲を醸し出す彼に愛されてみる?ミルキー専属作家、美々さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます