10年ぶりに再会した元彼の心地いい強引さに興奮して…再燃する想い (ページ1)


大学進学をきっかけに、上京してから今年で10年になる。

私は大学を卒業後に大手企業の受付として働いている。

「いらっしゃいませ」

自動ドアが開き、すらりとした爽やかな男性がこちらへやって来て、名刺を渡された。

「ありがとうござ……って…え…雄大…?」

彼は10年前、高校の頃に付き合っていた人だった。

「え…もしかしてえり…?本当にえりなのか…?」

夕方、仕事を終わらせ会社を出ると、玄関で雄大が待っていた。

そのまま2人で飲み、この10年間の様々な事を話し、とても盛り上がった。

「あー!やばい!終電なくなっちゃった!」
「えり、相変わらずおっちょこちょいだな…俺の家近いから、家で飲み直すか!」

そんな事があり、雄大の部屋で飲み直すことになった。

雄大は高校の頃からしっかりものでありながら、優しくて引っ張っていってくれるような人だった。

それは…エッチの時もそうだった。
お互いにとって『初めての人』だったから、雄大とのエッチは忘れられない。

ベッドに腰掛け、テレビを見ながらお酒を飲んでいると、雄大の温かくて大きな手が私の手を包んだ。

「ねぇ、ちょっと…やめっ…」

次の瞬間、雄大はキスをして私の言葉を遮った。

前のページ

/3