恋愛対象から一番遠い親友に告白されて正直な気持ちを伝えたら…決して叶わぬ恋 (ページ1)


「好きだ。俺と付き合ってほしい」

ずっと心に秘めてきた俺の想いは

『ごめん、私、好きな人いるんだ…』

莉子には届かなかった。

好きな人がいる?
そんなの知ってたよ。
もう随分前から。

だって俺、ずっとお前の事見てたんだから。

---

仲のいい男友達だと思ってた渚から突然の告白。

嬉しいけど、好きな人がいる私には、渚の気持ちに応えることができなくて…

まっすぐに自分の思いを打ち明けたくれた渚に、私も正直に自分の気持ちを伝えた。

『…これからも、友達でいよ?』

俯いて黙ったままの渚。
2人の間に変な沈黙が流れる。

『渚とは付き合えないけど、その…嬉しかったよ、好きになってくれて、ありがとう…』

渚が傷付かない言葉を必死に探して、ようやく出てきた素直な気持ちだった。

「ありがとうなんかいらねー」

『え?』

「莉子が俺を好きになってくれないと意味ねーんだよ」

『え?…渚?』

低い声で怪しく笑うその姿は、私の知ってる渚ではない。

言いようのない恐怖に体が震える…

前のページ

/7