ネコ耳姿を見られて…関西弁の彼に可愛がられるあまあまエッチ

ネコ耳姿を見られて…関西弁の彼に可愛がられるあまあまエッチ イメージ画像

「な、"にゃ~"って言って」火照ったカラダは制御ができず、恥ずかしい命令でも言いなりになるしかなくて―。彼が同僚からもらったというネコ耳と可愛らしいお菓子。それらを放置して彼が席を外すから。軽い気持ちで装着しただけだったのに!!性感帯をお菓子のように食べられたり、激しく摘まれたり…あまあまでイタズラな彼にいじわるされちゃってくださいな(∀)ミルキー専属作家、楓さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます