「…ねぇ、私とセックスしない?」―越えてはならぬ筈の一線を越える昼下がり

「…ねぇ、私とセックスしない?」―越えてはならぬ筈の一線を越える昼下がり イメージ画像

このまま私は平穏と退屈の狭間を生きていくのかもしれない―…そんな想いが過ぎる中で、私は彼と出会い、ただ静かに横たわる一線を激しくも儚い時間と共に越えるのだった。ミルキー専属作家、悠さんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます