真っ暗な部屋に雷鳴が響いて思わず義父にしがみついたら…嵐の夜

真っ暗な部屋に雷鳴が響いて思わず義父にしがみついたら…嵐の夜 イメージ画像

夫が不在の夜。立て続けに大きな音が鳴り響き、暗転する家。そこへわたしを心配してきてくれたのは―。「気持ちいい…?大きな声、出していいんだよ。雨の音が消してくれるから…。」穏やかで知的な義父の甘くとろけるような愛撫に罪悪感を感じる暇もない。むしろこの背徳感に…。ミルキー専属作家、かなこさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます