「寝てるなら何をしてもいいんだよな」クールで真面目な彼のおしおき

「寝てるなら何をしてもいいんだよな」クールで真面目な彼のおしおき イメージ画像

せっかく一緒の夜を過ごしているというのに、彼の手には分厚くて難しそうな本。放置されている現状に不満を持ちながら、彼の横顔を見つめていたら―。とっさに変な意地を張ってしまったが最後。「俺に嘘をついたんだからな」言葉で、愛撫で、その体温でおしおきされちゃう!ミルキー専属作家、海琉さんの初作品です☆

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます