バーで助けてくれたのはお調子者の彼。でも実は一途で、満足するまで舌で奉仕し続けてくれた… (ページ1)

「あー!美奈ちゃんたちじゃーん!うぃーすっ!」

ガヤガヤと賑わうバーで、ひときわ明るい男の声が響く。

「やっほー!佑馬くん!元気ー?」

隣の席で飲んでいた友達が男に返事をした。

「元気、元気!元気過ぎてやばいよー。今夜どう??」

そういって、何故か私の肩にするりと手を伸ばしてくる。
この男の態度には慣れているので、ちょっとー。と文句を言いながら外した。

「美奈ちゃんのケチー。」

ぶうっと頬を膨らませた男に、友達がちゃちゃを入れる。

「何が元気過ぎてやばいのよー。」

「何…って、ナニだけどー?」

「やぁだぁー!」

途端に、近くにいた人たちも合わせてキャハハハハ!と笑い声を上げる。

「またねー!」

「ちぇー。つれねぇのー。」

男は、しょんぼりとうなだれ、私達から数歩離れた…途端、シャキッと姿勢を戻して別のグループに「元気ー?」なんて調子よく声をかけに行く。
彼は、この辺では人気者の佑馬君だ。

「てかさー、佑馬君、何だかんだイケメンだし、一回くらい良いかなー。って思わない??」

友達はどうやらまんざらでもない様子だが、私はいくらイケメンでも、遊び人は好きじゃない。

「そーぉ?」

「良いと思うけどー。でも、佑馬君と寝たっていう子、聞かないから佑馬君がエッチ上手いのか分かんないんだよねー。あっ!てかさ、あの話、聞いた??」

なんてガールズトークに華を咲かせている内に、気付いたら一つ席を飛ばした隣に、スーツ姿の男性が座っていることに気が付いた。

「ねっ。あの人、さっきから美奈のこと見てる。美奈に気があるんじゃない?」

「ええ…?」

そう言いつつ横を見ると、男性と目があった。
すると彼は、少し照れたようににっこり笑いかけてくる。

「ほらぁ、絶対そうだって!…ね、上手くやんなよ!」

「え?!あ…ちょ、ちょっと…!」

引き留める間もなく、友達は立ち上がり、さっさと店の外に出ていってしまった。

(ちょっと待って〜…!)

心の中で呼ぶが、帰ってきてくれる訳がない。

「あの…お連れの方、帰られちゃったんですか?」

「へっ?!」

男が遠慮がちに訊ねてくる。

「あっ…。え、えぇ…用事が出来ちゃったみたいで…」

「では…少しお付き合いして下さいませんか…?あの…さっきから、綺麗な人だなーって思ってて…」

顔を少し赤くして言う彼を見て、悪い人では無さそうだし、少し話すだけなら…と思い、

「じゃあ…少しだけ…」

と話を始めた。
すると思いのほか話は弾んで、気が付くとなかなかの時間が経っていた。

前のページ

/4