「そんな簡単にイカせてあげない」ドSな彼の焦らしプレイ (ページ1)


身につけたばかりのバスローブを剥ぎ取られ押し倒される。

彼、宏人は私の両頬に手を添えて、じっと見つめてくる。

「雅、ちゃんと俺の目見て」

注がれる視線の恥ずかしさに耐えられず目をそらすと、頬に添える手に力が入り、無理矢理視線を戻される。

「恥ずかしいんだけど…」

その視線からはなかなか解放してもらえない。

「…キス、して…」

恥ずかしさを押し殺してそう呟くと、そっとキスが落ちてくる。

その後何度も何度も啄まれる。
キスがやむと、顎に手を添えられ、横を向かされる。

髪を流され、耳が露になると、その輪郭をそっとなぞる。

「…っ」

声が漏れないように、手の甲に唇を思い切り押し付ける。

「相変わらず耳弱いよね」

耳への愛撫は止むことなく続けられる。
愛撫が止んだと思った刹那、暖かい息が耳にかかった。

「やっ…」

不意打ちに思わず声が漏れる。

前のページ

/4