唯一見下されても怖くない幼馴染に突然部屋に連れ込まれて…独占欲で関係が動く時

唯一見下されても怖くない幼馴染に突然部屋に連れ込まれて…独占欲で関係が動く時 イメージ画像

小柄な私にとって、成長期の男子に見下されることは怖かった。でも、生まれてからずっと一緒に育ってきた彼だけは特別で―。「…俺は、この関係がずっと嫌だった」強引に唇を押し付けられ、ぬるりと舌が侵入してきて!?「正直になりなよ」あまりの快感でついていけないのに、Sの片鱗をみせながらガツガツ責めてくる高身長な幼馴染に愛されちゃう?(∀w)ミルキー専属作家、けいかさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます