作家の先生と私、二人だけしか知らない秘密の甘い時間

作家の先生と私、二人だけしか知らない秘密の甘い時間 イメージ画像

私と売れっ子小説家の彼は「お手伝いさんと先生」の関係の他にカラダの関係でもある。他の人が居ない時だけ名前で呼び合い、彼は私に甘えてくる。そんな彼が愛おしくて求められると応えてしまう。私は彼の隣に居ていいの…?。不安を見透かされたように彼が私に言った言葉で胸が温かくなる――。―ミルキー専属作家、瑠璃さんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます