誰にも明かせない秘密の行為…だったのに。同じ職場のエリート社員に見つかって… (ページ1)


雨の日の昼下がり。


麗は一人で会社にいた。

麗の仕事は、営業職の事務員。

他の皆は外回りに行っていて、ひとりで留守番する事も多い。

そんな麗の日課は…トイレでの自慰行為。


ひとり個室にこもると下着を剥ぎ取って膨らみを刺激する。


「…んっ…」

声は出しちゃだめ。


「…あ…」

ああ、イキそう…

夢中になって刺激し続けた。

ガチャッ

ドアの開く音。

はっと我に返ったが、もう遅かった。


「…っ…高田さん…!」

なんとそこには会社の営業員が立ち尽くしていた。

会社のトイレは男女兼用になっている為、男女の出入りがあるのだ。

いつも鍵は閉めてるはずなのに…今日に限って閉め忘れてしまったようだ。


頭が真っ白になる。


高田は、好成績でエリートでイケメン。

取引先の女子からもキャーキャー言われる存在だ。

高田は驚いた顔をして固まっていたが、ニヤリと笑うと個室に入ってきてトイレのドアを閉めた。


「…自分でいじってたの?」

耳元で囁かれる。

「…っ…」

恥ずかしさで死んでしまいそう。


「ずっと彼氏いないって言ってたもんね。もしかして、相当溜まってる?」

コクンと頷くと

「俺が手伝ってあげる」

と麗の太腿を擦った。


「…んっ」

声が漏れてしまう。

前のページ

/2