男子生徒に襲われかけた新米教師を助けたのは…ぶっきらぼうな言動に垣間見える甘い告白 (ページ1)


やめて。

「声出すなよ」
「お前、興奮しすぎ」
「うっせ、そっち押さえてろ」

お願い、やめて。

「じゃあ俺からな」

私の片脚を、男子生徒の一人が抱え上げた。

熱くてぬるりとしたものが触れた。

目をつぶる。
やめて。

やめて──

「何やってんの」

冷静な声が、教室を凍らせた。
私を取り囲んでいた4人の生徒が、ぎょっと入り口のほうを見る。

部活帰りらしいその男の子は、目の前の光景に驚くふうでもなく、教室内の男子生徒を順に見回して、最後に私に視線を落とした。

乱雑に寄せられた机の上で、両手を拘束されている私に。

前のページ

/7