ジャズバーの青年が酔いつぶれて駄々をこねるから家に連れ帰れば…見透かされる心

ジャズバーの青年が酔いつぶれて駄々をこねるから家に連れ帰れば…見透かされる心 イメージ画像

サックスを手にしてステージに上がる彼は別人だ。いつもは犬みたいに無邪気にじゃれてくるくせに。今日だって客を魅了する演奏を披露していた。なのにその後―。「もういいじゃん、オレのになっちゃえば?」低くて甘い声、私を溶かすような舌、一切の逃げ場を封じる腕。そして私自身気づいていなかった事実を、彼が容赦なくカラダと一緒に暴いてきて―。彼の言動に胸きゅんが止まらないっ(><//)ミルキー専属作家、花流百恋さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます