お嬢様…―そう声を掛けてくる眼前の男に私は跨がりゆっくりと腰を落とす

お嬢様…―そう声を掛けてくる眼前の男に私は跨がりゆっくりと腰を落とす イメージ画像

家を出る、そう決意した私がこの家に居られるのも残り1週間…―寂しそうな目をしながらこちらを見遣る執事に、私はこれが最後と心に決め、ゆっくりと近付くのだった。ミルキー専属作家、麻梨さんの作品です(><//)

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます