待ち焦がれた逢瀬で彼にひたすら求められ、苦しいほどの快感を与えられてなお渇望される

待ち焦がれた逢瀬で彼にひたすら求められ、苦しいほどの快感を与えられてなお渇望される イメージ画像

息継ぎの合間すら許せないとでもいうように、彼は私を貪る。「欲しくてたまらないんだ。理性飛んじゃいそうで…。優しくしたいのに…」たくさんの人を魅了するその顔は苦しそうに歪み、体を小さく震わせながら彼は二ヶ月分を取り戻すように私を―。欲しくて足りなくてもどかしくて堪らない。言葉にできない想いは、繋がりあうことでしか昇華されない。他作品とはちょっと違う感想が持てるかも!?ブロッサムさんの、管理人オススメ初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます