寸前で愛撫を止めて帰ろうとするから…エゴイストな営業マンと秘密の関係

寸前で愛撫を止めて帰ろうとするから…エゴイストな営業マンと秘密の関係 イメージ画像

玄関のチャイムが鳴るだけで、私のカラダは勝手に準備をはじめてしまう…。「お姫様、何かご不満ですか?」「そういうときはなんて言うんだっけ?」たくさんの甘いセリフと、意地悪ながらも気持よくしてくれる愛撫の数々。でもその真意は測れない―。食えない男に振り回されてみる?ミルキー専属作家、繭さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます