再会してしまった彼と過ごす甘い痺れと虚無な痛み

再会してしまった彼と過ごす甘い痺れと虚無な痛み イメージ画像

懐かしい痛み…昨日の夜は埋まっていたハズの心の穴がまたポッカリ。一年前に終わった関係――遠く離れた家族のもとへ帰った彼が目の前に現れるなんて。優しい声、大きな手、彼の温もり…。でも私たちには身体の関係以上のモノは何もない。―ミルキー専属作家、Maggieさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます