「可愛いだけで終わらせないで」思い出を塗り替えるオトナの再会

「可愛いだけで終わらせないで」思い出を塗り替えるオトナの再会 イメージ画像

お姫様抱っこで運ばれた先はベッドの上。優しく降ろされ、キスもして…「やっぱり脱がせてほしい?」「早く脱いで」雨上がりの駅で、ずっと好きだったお兄さんと再会した。このチャンスを逃がしてなるものかと、自分でも大胆に出た。でも、だからって―。幸せいっぱい、だけどちょっぴりいじわるで雄を感じさせる彼に翻弄されてみる?ミルキー専属作家、響さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます