親戚の家で10数年ぶりに再会した年下の従兄弟に迫られ知らされる想定外の思惑

親戚の家で10数年ぶりに再会した年下の従兄弟に迫られ知らされる想定外の思惑 イメージ画像

久しぶりの帰省で、私はなぜか叔父の家に泊まることになった。しかし別段、疑問に思うことなく勧められるままにお風呂を借りようとしたら―。「こんな所で悲鳴なんか出されたら、俺が襲ったみたいにみえるじゃないか」そこには魅力的なオトコの体になった従兄弟がいて―!?別室では親戚がいる中、年下の従兄弟と致しちゃう?(*ノエノ)ミルキー専属作家、Emijahさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます