シャッター音が響く度、抑え付けていた欲望はゆっくりと滲み出す

シャッター音が響く度、抑え付けていた欲望はゆっくりと滲み出す イメージ画像

目の前にたたずむ美しい男。まさか自分が枕営業をかけられるなんて思ってもみなかった。「なんでもしますから」そう言ってファインダー越しに滾る感情を寄越す彼の視線に私は…―ミルキー専属作家、汐さんの作品!オススメです!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます