志望校にどうしても受かりたくて交わしてしまった鬼畜教授との密約

志望校にどうしても受かりたくて交わしてしまった鬼畜教授との密約 イメージ画像

希望と不安が入り交じる入学式。しかしそれも、とある男性に声をかけられるまで―。「受かりたいよね?じゃあ、僕の言い成りになってもらおう」面接会場で服を脱ぎ、初対面である男性の前で脚をM字に開かされ、その中心には指をズブズブと挿れられて…。悲願の前に提示された悪魔の囁き。受け入れたが最後、もう逃げられない。ミルキー専属作家、かなちゃんさんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます