恋人だった人の友達だった彼。これまでに私が知らなかった愛の形って…? (ページ1)

 部屋の片付けをしながら、また、それを捨てられなかった。
 10年も持っているその名刺は、当時、付き合っていた男性の友達のものだ。

 当時、私は21歳の学生だった。
 その時既に、彼らは30代半ばだったと記憶している。
 付き合っていた人の連絡先はもう全部削除したし、今はどこで何をしているのかも分からない。

 でも、何故か、この名刺だけは捨てられなかった。

 突然電話して、迷惑がられるのもいやだったので、メールしてみようと思い立った。

 パソコンに向かい、メールソフトを立ち上げる。
 名刺に記されたアドレスを入力して、本文を打ってゆく。

 ご無沙汰しています、から始めて、自分の名前、近況を簡単に書いて読み返し、何か所か訂正して、送信した。

 送信エラーが出なかったところを見ると、どうやらまだ使われているらしい。
 ドメインからして、捨てたら済むフリーアドレスではない。

 私は毎日、夜にメールチェックしている。
 翌日には、もう返信が来ていた。

『ご連絡ありがとうございます。
 貴女からのメール、大変嬉しく拝読しました。
 僕を覚えていてくださったのですね。
 僕は、10年間、貴女のことを忘れられませんでした。』

 その文章によって、当時の記憶がよみがえってくる。

 恋人との間が、ぎすぎすし始めていた。
 彼の嫉妬心と独占欲の強さに、私は疲れ果てていた。
 別れを切り出しても、別れないと言って聞かなかった。

 そんなある日、ひとり住まいしていた大学近くのアパートを訪ねて来たのが、修二さんだった。

 何故私の住まいを知っているのかとドア越しに尋ねると、彼に聞いてきたと言う。
 でも、いくら知らない人ではなくても、中に入ってもらうことは出来なかった。
 恋人の嫉妬心を刺激したくなかったからだ。

 結局、玄関で用事を済ませるからと言われ、ドアチェーンを外した。
 外では人の耳があるからと言われ、私もそれがいやだったからだ。

「こんな夜中に…どうなさったんですか」
「別に、何も…。ただ、瑞希さんのことが心配だったから」

 修二さんは言った。

「彼の病的な嫉妬心や独占欲は、昔からよく知ってる。瑞希さんも、苦労してると思う」

 その言葉を聞いた瞬間、私の目からは涙が溢れていた。
 思いやりに満ちた言葉をかけられるのは、久し振りだった。

 泣き出した私を、修二さんは黙って抱きしめて、髪をなでてくれた。
 嗚咽が修二さんの胸でくぐもった声になる。

 ひとしきり泣いて腫れた私の目から涙を拭い、修二さんはこう言ってくれた。

「君が彼の恋人だっていうことは、分かってる。でも、僕は君が好きだ」

 好きだからこそ、気遣ってくれる…。
 その気持ちが嬉しくて、私は修二さんの胸にすがり付いて、また泣きじゃくった。

 …私の中で、修二さんに対する何らかの気持ちが芽生えたとすれば、この時だったかもしれない。

 泣き疲れてぼんやりしていると、修二さんはそっと、私の唇にキスした。
 恋人のそれとは違う、優しいキスだった。

 この2年後、恋人とは、泥仕合を演じた挙句に、別れることが出来た。
 その間、修二さんは、影となって恋人の暴走を抑えてくれたようだった。

 メールの続きを見て、私は過去から現実に引き戻された。

『貴女にお会いして、もう1度お話したいです。
 僕の住まいは、10年前と変わっていません。
 よろしければ、来週の土曜日、来てください。』

 返信は、それだけだった。

 数日、悩んだ。
 その上で、指定された日に、修二さんを訪ねる決意をした。

 午後1時ちょうどにインターホンを鳴らすと、驚きと嬉しさが入り混じった表情で、修二さんが出迎えてくれた。
 散らかしているけれど、と言いながらも招き入れ、お茶をいれてくれた。

「…来てくれないと思ってたよ」

 自分で決めたことだったけれど、何故来たのかは、自分でも分からなかった。
 修二さんの言葉に、ほんの少し、微笑むだけが精いっぱいだった。
 彼もほんのりと微笑んでくれた。

前のページ

/3