女性社員憧れの彼の目に感じた濡れるような色欲に震える

女性社員憧れの彼の目に感じた濡れるような色欲に震える イメージ画像

「駄目ですよ、ちゃんと見せてください」バスローブからのぞく胸板は妖艶で、その目は色欲にまみれていた―。職場イチの人気を誇る取引先の社員である彼。そんな彼とこんな展開になるだなんて夢にも思わなかった…。物腰柔らかで紳士的。だけどそれは有無を言わせないための伏線ですか?隠し切れない本性が垣間見えたのは私だけ?(∀)ミルキー専属作家、九十九さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます