夏になると決まって思い出す遠い日のこと―俺はあの子に気持ちを伝えた

夏になると決まって思い出す遠い日のこと―俺はあの子に気持ちを伝えた イメージ画像

キツくてつらい水泳部を辞めずに続けていた理由―泳ぐことが好きだったこと、そしてもう一つは…誰もいない放課後の更衣室で交わされる視線と唇。頭の中すべてを支配するかのような恍惚とした空気が二人を包み込む―ミルキー専属作家、美々さんの作品です(∀//)

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます