年下の彼に捨てられた私を受け止めてくれたのは彼の友達。優しく慰めてくれた彼が急に豹変して…。 (ページ1)

「どうしたの?理香さん!」

雨の中、傘も差さずに歩いていた私の手を掴んだのは、彼の友人の朋也だった。

「何て顔してんだよ…俺んちすぐそこだから。行こう。」



私はその日失恋をしていた。

結婚するはずだった彼にいきなり別れを告げられ、突然の出来事に何も考えられず、ただ茫然と街の中を歩いていた。

雨が降ってきたのも構わず、ずぶぬれで歩いていた私を朋也が見つけて声をかけてくれたのだ。



「あがって。今タオル持ってくるから。」

歩いて5分ほどのところにあった朋也の家。私は何も考えられない頭で言われるがまま、リビングの床にペタンと座った。

「どうしたの?何かあった?」

タオルを渡しながらいつもの優しい口調で朋也が尋ねてくれた。

「言いたくなければいいけど…こんな寒い日に傘も差さないで雨に濡れてたら風邪ひくよ。」

いつまでも垂れる雫を拭こうとしない私の頭を、朋也はタオルでクシャクシャっと拭いた。

「…今日別れたの。好きな人ができたんだって。その人に子どもができたから、結婚するんだって。」

「…はぁ?何それ!理香さんそれで納得したの?」

「納得も何も…しょうがないじゃない。子どもができたっていうんだから。」

朋也は彼の友人だ。彼がどんな人間で、私達がどんな付き合い方をしてきたのかも見てきている。

そこまで一気に話をしたところで、頭の中が急に整理できてきた。

涙があふれて止まらなくなってきた…どうしよう。私、捨てられたんだ。

「理香さん…いっぱい泣きな。そばにいてあげるから。」

朋也は私の頭をグッと抱き寄せて、肩を貸してくれた。



朋也は私が泣きやむまで、そのままでいてくれた。

年下の彼に捨てられた情けない女…泣きやむと急に自分がバカみたいに思えてきた。

「理香さん、シャワー浴びてきなよ。風邪ひいちゃう。」

「…うん。ありがとう。」

確かに寒気がしてきていたので、私は朋也の好意に甘えることにした。



シャワーを浴びながら、今までのことを考えると、また涙が溢れた。

でもここで泣いていてもしょうがない…貸してくれた朋也のスウェットを着て、リビングへ行くと、朋也はニッコリと笑った。

「理香さん、色っぽいね。」

「何言ってるの…ありがとう。落ち着いたから帰るね。服は洗って返すから。」

そう言って帰ろうとした時、朋也が急に私の手を引き、強く抱きしめてきた。

?!

「理香さん…」

朋也の腕から逃れようとした時、朋也が急に怖い顔で私を見つめた。

「理香さん、大丈夫?変なこと考えてないよね?」

「変なことって?」

「何か…やけになってる感じがする。」

「大丈夫、大丈夫…。」

心の中を見透かされたような気がして、私はあわてて取り繕った。

狂おしいほどの吐息が伝わってくる…朋也?

「こんな時にずるいかもしれないけど…俺じゃダメかな?」

「朋也…どうしたの?」

「俺が忘れさせてやるよ。理香さんのこと、俺のものにしたい。」

身体に絡められた腕はどんどん強さを増して、逃れられない…。

前のページ

/3