エッチを気持ちいいと思った事のない私。合コンで知り合ったマッサージ師の手で乱れまくり! (ページ1)

「ねぇ、合コン終わったら二人で飲み直さない?」

 数あわせでつれてこられた合コン。開始直後に半ば強制的に全員交換させられたアプリのメッセージが届いた。

「いいですけど…」

 と返したが為に、私はなぜかラブホテルに居た。

 お酒の勢いでいままでエッチが気持ちいいと思えず、苦手なのだという話をしたからなんだけど…。

「ユミちゃん、スタイル良いねぇ~」

 金髪、ピアス、ネイル、香水、チャラ男を絵に描いたような彼、マサキ君は裸にむいた私を背中側からまじまじ眺めていた。

「あのう…」

「大丈夫大丈夫、オレに任せて大丈夫だから。マッサージ大得意なの、ゴッドハンド&ゴッドフィンガー!」

 手を滑らかに動かし、マサキ君はボディーローションを手に取って、私の肩にそれを塗りつけた。

「ひぇ…っ!」

「ふふ、ユミちゃん可愛いねぇ。リラックスして…って言っても難しいかな? あはは。あ、おっぱい触るね?」

 マサキ君の、ローションで濡れた手が私の小さな乳房をすくい上げる。

「ちょ、ちよっと…」

 そのまま、ローションでぬるんぬるんと滑らされて、変な感じがしてきた。

「強く揉まれると痛いでしょう? 乳首もローションでぬるぬるされた方が、摩擦が少なくて気持ちいいよ~。オレもね、ローションで乳首せめられるの、好き」

 何の情報を聞かされているのかと思いながら、私はマサキ君の指がローションに滑って乳首を刺激してくるので声が漏れそうで、必死に耐えた。

「乳首立っちゃったね…」

 10分か15分か、それ以上なのか解らない位の時間をかけて、マサキ君は私の乳房や乳首をマッサージしてくれて、今まで感じた事が無いくらいに気持ちよくなってしまった。

「ユミちゃん、エッチな声いっぱい出てたよ。可愛かった」

「マサキ君が…、ずっと同じ所ばっかり触るからだよ…」

「ふふ。ユミちゃんの乳首、感じるように出来て嬉しいなぁ。じゃあ、今度は足ね」

 ローションを追加して、今度は足のマッサージをするという。

 爪先から足の付け根の際どい所までまんべんなくローションを塗り込めて解される。

 足の指の間をぬるぬるとマサキ君の指が刺激したとき、私の身体は明確に反応してしまった。

「指の間気持ちイイの? すごい、ビクビクってなるね…?」

「っんふ、マサキ君…だめ…く、くすぐったい…」

「うん、じゃあ違うところしよう」

 今度は足の付け根をぐいぐいと揉まれる。きわどい所を押されて、変な声が出そうだった。

「ねえ…あの、そこ…ダメ…そんなとこ…」

「力抜いて、リラックスして? ちゃんと気持ちよくなれてるでしょ?」

 マサキ君はそう言いながら、私の下着の隙間から指を差し込んできた。

「ひゃッ…!」

 下着の中に入り込んだ指が、上下に動くたびに、ぴちゃぴちゃと音が鳴ってしまってすごく恥ずかしい。

「ユミちゃん、…ね、めちゃくちゃ濡れて来た…」

「恥ずかしいです…っ」

「こんな風になるの初めて?」

 悔しいけど、その通りなので頷くしかなかった。

「いいね、嬉しい」

 スルスルと、マサキ君は私の足から下着を抜き取ると、膝を左右に開かせて足の間を覗き込む。

「やっ、見ちゃダメ…」

「見るだけじゃないよ?」

 ローションのせいだけじゃないヌルヌルとした感触が、私の秘めた所でマサキ君の指を滑らせる。

「痛かったら言ってね…?」

 指が、中に入り込んでくる。痛みはないけれど、身体が勝手にぴくぴくと震えているのが恥ずかしい。

前のページ

/2