昨夜の記憶が曖昧な中目を覚ますと監禁されていて…拒絶できないぬくもり

昨夜の記憶が曖昧な中目を覚ますと監禁されていて…拒絶できないぬくもり イメージ画像

身体中を無骨な手が、柔らかな舌が這いまわる。でも私は抵抗することもなく、寝たふりを決め込む。なぜなら、どうやら私は目隠しをされて監禁されているらしいのだ―。「……なぁ、起きてる?」色々パンクしだして涙が目隠しを濡らし出した時、とうとう犯人に気づかれて…!?たくさんのドキドキに翻弄されちゃってください!ミルキー専属作家、麻梨さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます