ヤンデレ彼氏に鎖付きの首輪で監禁されて深い愛と独占欲に繋がれる

ヤンデレ彼氏に鎖付きの首輪で監禁されて深い愛と独占欲に繋がれる イメージ画像

「もう、二度と、この部屋から出してあげないから」飲み会の翌日、目を覚ますと私の首には鎖付きのレザーの首輪がついていた。弁解の言葉は彼の耳には届かない。そして彼は本気だった。トイレだって、例外なく―。思わずぞくっと肌が泡立つほど、深く溺れてしまいそうな愛と独占欲で包まれてみる?ミルキー専属作家、汐さんの作品です。(作中にはソフトなアブノーマルが含まれています)

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます