「この泣き顔、たまんないっ…」甘々なドS彼氏に貪られる雨の夜

「この泣き顔、たまんないっ…」甘々なドS彼氏に貪られる雨の夜 イメージ画像

「目、開けてて」見つめ合ったままのキスを強制してくる彼。ベランダに腰掛けて、2人でお酒を飲んでいた。そこで私が何気なく、口にした問いが引き金となった―。甘く柔らかに包み込んでくれるのに、そこかしこに仕掛けられた罠に私は嵌るしかできない。Sは主導権を持つ奉仕行為。愛がそこにはあるがゆえの行為ってね(∀)ミルキー専属作家、さゆるさんの初作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます