感じ過ぎちゃう…嫉妬する彼がした甘く痺れるお仕置き

感じ過ぎちゃう…嫉妬する彼がした甘く痺れるお仕置き イメージ画像

いつもは大人な彼がちょっぴり嫉妬して――。お仕置きだと言い目隠しをされた私は…何も見えない状態で敏感になった身体を、急に襲ってくる快感と色っぽい彼の声に翻弄されて「あっ…だめっ…」……。―ミルキー専属作家、bellさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます