有名な浮名を持つ上司に騙し討ちを仕掛けて終わらせる片想い

有名な浮名を持つ上司に騙し討ちを仕掛けて終わらせる片想い イメージ画像

ゆっくりとろとろに蕩かされ、恐怖すら感じるほど甘く私を抱いた人に。私は怒鳴られ、睨まれ、舌打ちされている―それもそのはず。彼を策に嵌めたのは私なのだから。「…くそっ」誰もいない廊下に呼吸が響き、私のカラダは力強い腕に引っ張られて…。ドキドキしちゃう!(><*)ミルキー専属作家、ミオさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます