「おまけに家に連れ込むだなんて、ねえ?」誤解が招いた送り狼

「おまけに家に連れ込むだなんて、ねえ?」誤解が招いた送り狼 イメージ画像

社内で上司にしたい人ナンバーワンの彼との残業帰り。私はいつものように彼へ隠す気のない好意をぶつけていたら―。「毎日毎日、よくもまあ見事に茶化してくれたものです」家まで送ってくれた彼を家に招き入れた瞬間の出来事。色欲に嗜虐心、そこにほんの少しの怒りを含んだ雄に私は背後から捉えられて…。好きな人が予想外の暴走をするスリルとギャップに堕ちてみる?ミルキー専属作家、九十九さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます