鏡の前で茂みを失ったソコを愛撫されて…潮を吹いても責め続けられる絶頂エッチ

鏡の前で茂みを失ったソコを愛撫されて…潮を吹いても責め続けられる絶頂エッチ イメージ画像

彼の一言で、私は人生初のいわゆるパイパンにした。そして羞恥を助長しかしないベビードールを着て彼の前に立てば―。「綺麗だから、もっと見ていたい。けど我慢できない」気を失うまで責め続けちゃうくらい、興奮MAXで余裕のない彼に愛されちゃってください(//△//)ミルキー専属作家、紗那さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます