ゲリラ豪雨に見舞われ後輩とびしょ濡れのまま車内で足止めをくらっていたら…

ゲリラ豪雨に見舞われ後輩とびしょ濡れのまま車内で足止めをくらっていたら… イメージ画像

「濡れて脱がすの大変そうだから、ごめん」了承するより前にストッキングのまたの部位着け部分を盛大に破られて…。営業先から駐車場に向かう途中で、私たちは運悪くもゲリラ豪雨に見舞われた。なんとか営業車まで戻るも、滝のような雨の前ではワイパーも効かないため立ち往生。しかしこんな状況でも、私は先輩として客前での彼の態度を注意していたら―!?豪雨に包まれた密室の中で、立場も意地も羞恥も捨てて思いっきり乱れてみる?ミルキー専属作家、K-sunさんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます