「ヤリ部屋」と呼ばれて……童貞学生食いを繰り返す女准教授の悦び (ページ1)

「堀君って言ったわね」

「はい」

堀君は落ち着かなさそうに部屋の中をきょろきょろと見まわして、私が出したコーヒーにも手を付けないまま、膝の上の手をぎゅっと握りしめた。

「君は私のゼミに興味があるの? それとも――『噂』を聞いてきた?」

真っ赤なリップを塗った唇を左右に引いて笑うと、堀君は私を見つめてほんのり頬を赤らめた。

「……噂の方ね?」

「そうです……テニスサークルの先輩が、浦崎先生のゼミは、その……ヤリ部屋だって、言ってて。童貞連れ込んで、その……そういうことばかりしている、って……噂、ですよね?」

堀君のくるんと丸い瞳の上で、少し濃いめの眉がひそめられる。パーカーの上からでもわかる筋肉の厚さに、にんまりした。

いかにもスタミナがありそうで、『教えがい』がありそうでゾクゾクする。

「堀君はどう思う?」

「え……そんなこと、普通はあるわけないよなって……」

「そうね、『普通』はあるわけない――でも堀君、普通って、何かしら?」

「え?」

私は立ち上がって、ヒールを鳴らしながら歩くと研究室のドアにカチリと鍵をかけた。振り返って、ぺろりと舌なめずりをする。

「…浦崎先生…?」

「私の普通と堀君の普通が同じとは限らない。少なくとも私にとって、経験のない男の子をぺろっと頂いて美味しい思いをするのは『普通』なの」

「……え……」

堀君をまっすぐに見つめてにまっと笑うと、彼は丸い瞳をますます見開いた。

「噂を聞いてきたってことは、君も期待をしてきたんでしょう?」

「っ……!」

堀君は頬を赤らめて、ふいと横を向いてしまった。膝の上で握った手が、少し震えている。

彼の傍らで膝をつき、震えた手に手を添えてゆっくりと開いた。

「ふふ。堀君は童貞?」

「……そう、です」

開いた手が汗ばんでいた。手首をつかんで手のひらを舌で舐め上げると、堀君の喉から「ひゃあっ」と高い声がこぼれる。

彼が腰かけていたソファに膝で乗りあがって、至近距離でその顔を眺める。ちょっとあかぬけない印象はあるけれど、パーツはどれもとても整っている。この子が女を知ったら、さぞモテるようになるだろう。

「私が教えてあげるから、覚えて帰りなさいね、堀君」

「はい、っ……あの、浦崎先生」

「なあに?」

今にも唇を奪おうとしたところで、堀君の手が私の体を制止する。

「キスは、その……」

「ダメ?」

「……はい」

「わかったわ」

ふっと笑って、少しだけ狙いをずらして頬にキスをする。

純朴そうな少年の頬についた、真っ赤なキスマーク。今から私が彼をしつけるのだと実感して、体の奥がじわりとうずいた。

堀君の膝にすっかり乗りあがって、パーカーの裾からするりと手を侵入させる。胸板から背中、肩の筋肉を直接撫でてはため息を吐く。

「あっ」

「思った通りねえ、鍛えてる……スタミナはある方?」

「っ、先輩たちには負けますけど、それなりに……」

「それは期待できそう」

ふふ、と笑って、引き抜いた手をベルトに滑らせる。かちゃりと外して引き抜いてしまって、そのままジッパーに手をかける。

前のページ

/3