彼と立ち寄ったひと気の少ないサービスエリア。仮眠するつもりがイチャつくうちに彼のスイッチが入ってしまい、止まらない二人は車の中で……。 (ページ1)

深夜の高速道路を走るワンボックスカー。私は彼とスノボ旅行のために、県外の有名なスキー場へ向かっていた。こんな時間に移動しているのは、彼がどうしても「朝イチから滑りたい!」と言ったからだ。

ふとカーナビに表示されている時刻を見ると、夜中2時を回っていることに気が付いた。

「ねぇ雄太、そろそろ仮眠取ったほうがいいんじゃない?」

「そうだな。ちょうど1km先にサービスエリアあるし、そこで休むわ」

そう言って雄太はハンドルを切り、左車線に車を移動した。徐々に減速し、施設を示す看板のほうへと向かっていく。

たどり着いたサービスエリアは、数台の自販機とトイレしかない小さなサービスエリアだった。ひと気が少なく、停まっている車のほとんどは長距離トラックばかり。お土産コーナーや飲食スペースを期待していた私は、少しだけガッカリした。

「ここ、自販機しかないんだね。人も少ないし」

「仮眠するんだし静かでいいんじゃねぇの」

「そうだけど……ちょっと何か食べたかったなぁ」

「んー? ダイエットするとか言ってなかったっけ」

そう言って雄太は私のお腹の肉をつまんだ。

「ちょっとぉ」

「知ってたか? お腹周りのぜい肉ってラブハンドルって言うらしいぜ」

「うるさいなぁ。雄太だって人のこと言えないじゃん」

私はお返しとばかりに雄太のお腹の肉をつまんだ。雄太は「やめろよ」なんて言いながら、今度は私の脇腹をくすぐってくる。

「もー、それは反則」

「じゃあ、これは?」

雄太はニヤリと笑って私の胸を触った。私は慌ててフロントガラスに目を向ける。誰かに見られたら、と思うとドキドキする。

「や、やめてよ……人が通るかも」

「大丈夫だって」

「でも」

と私が言いかけると、雄太はさっと助手席のシートを倒した。ガクンと身体が後ろに下がり、私は「きゃっ」と声を上げた。

「これならいいだろ」

「もう……」

呆れる私を気にも留めず、雄太は私の身体に覆いかぶさってキスをした。

「は、んんっ……」

強引に唇を割り、舌を絡ませてくる。二人の息遣いが車内に響き、それがとてもエッチで……いつものキスよりも感じてしまう。

「なぁ、香織」

「ん……?」

「したい」

「だめだよ、こんなところで……それに、仮眠しなくちゃ」

「こんなんじゃ寝れねぇよ」

雄太は私の太ももに自身のモノをグイと押し付けてきた。ジーンズの下、苦しそうなほどパンパンに大きくなっている。

「後ろのシートを倒せば大丈夫だから……な?」

「……うん」

私はコクンと頷いた。雄太に押し切られたような感じだったけど、実は私もアソコがムズムズしていた。確かめなくてもショーツが濡れているのが分かるほどだったから。

雄太は慣れた手つきで後部座席をフルフラットシートに変更していく。私は助手席のシートを元の位置に戻し、雄太に続いて後部座席へ移動した。

前のページ

/3