放課後の音楽室で暴かれる秘密の逢瀬 (ページ1)


「はい、今日の授業はここまでです」

楽譜をトントンと教壇の上で揃えながら、水谷先生が言った。


「次はパートテストをしますね」

「え〜、水谷ちゃん、マジで〜?」

「もぉ、先生って呼んでってば!」

クラスの男子達の野次に顔を真っ赤にして抗議している。

若い女性の教育実習生なんて、そりゃ、男子達にとっては格好の的だよな。


水谷先生を一通りからかったクラスの連中は、満足そうに音楽室を出て行く。

1人残った俺に気付き、水谷先生が近付いて来た。


「畠中君、どうしたの?」

水谷先生の長い髪がさらりと肩から落ちる。


「…俺…水谷先生に相談したい事が…他の先生には言えなくて…」

俺は俯いていた顔を上げて途切れ途切れに訴えた。


水谷先生は一瞬、教育実習生らしい戸惑いと不安を表情に浮かべたが、すぐに、

「私で良かったら話は聞くわ」

と優しい微笑みを浮かべながら答えてくれた。


放課後。

俺は再び音楽室へと足を運んだ。

ピアノの蓋を開け鍵盤を指で軽く弾くと、防音の施された音楽室に、ぽーんという音が木霊する。


「ごめんね、畠中君、お待たせ」

少し遅れて水谷先生が入って来た。


「俺の方こそすみません、教育実習生って忙しいんでしょ?」

「うーん、まぁね。でも生徒の悩みを聞く事の方が大事だから」

「他の先生に怒られたりしないんですか?」

「大丈夫だよ、気にしないで」

水谷先生が両手でガッツポーズをしながらウインクをしてみせる。

前のページ

/6