好きだった彼と同窓会を2人で抜けだして…再会ラブ

好きだった彼と同窓会を2人で抜けだして…再会ラブ イメージ画像

同窓会を抜けだそうと声をかけてきたのは彼の方。それがまるで夢のようで―。ホテルに入るなり、貪るように求められ私はおかしくなる。「軽くイっちゃったかな? でもごめんね、俺、もう待てない」最早、浮遊感と快楽のしびれしか感じられないほどに激しく求められて…。ミルキー専属作家、秋来夕菜さんの初作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます