いただきます、そう言って私は髪を解き弱り切った男の唇に口づけた (ページ1)


いつもの通学路の近道。

ビルとビルの間を抜ければ家まですぐなのだが、

「オラ!テメェ聞こえてんのかよ!」

数人に殴られ蹴られ、大柄の金髪の男が倒れてもその行為は止むことはなかった。


帰宅途中、地元では有名な不良校の生徒が通路を塞ぐようにしている。

かれこれ20分物陰から見ているけど、いつになったら終わるのか。

いい加減金髪の男はボロ雑巾の様になってしまっているし、仕方がない。


「すいません、そこ通していただけます?」

「あ?」
「なんだテメェ」

「さっき警察を呼びました。あと数分で到着するそうですが」


そう口にすると、蜘蛛の子を散らしたように不良たちは居なくなった。

残された金髪の男の前に屈む。


「なんで、…助けた」

「邪魔だったからです」

「チッ、…余計なことしやがって」

「あと、」

私は男の前髪を掴んで顔を上げさせる。


「身体が好みだったので」

「は?」

「丁度弱ってるようなので、好きにさせて頂きますね」


眼鏡を取り髪を解くと、それまでの真面目そうな外見からは予想ができなかったのか、男は目を見開いた。


「いただきます」


何か言いたげな男に構わず、唇に噛み付くように口付けると、僅かにその身体が強張った気がした。

前のページ

/5