いただきます、そう言って私は髪を解き弱り切った男の唇に口づけた

いただきます、そう言って私は髪を解き弱り切った男の唇に口づけた イメージ画像

通学路へと続く路地裏、何人もの不良たちに囲まれ殴られる金髪の男。警察を呼んだとの声に散り散りになる不良たち。ぐったりと倒れ込んだままの男にそっと近付いた私は言った。「…好きにさせて頂きますね」―ミルキー専属作家、けいかさんの作品です(∀//)

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます