先生が欲しくて襲うつもりが組み敷かれてエッチに躾けられる (ページ1)


「ああ、それから、植村。放課後、化学室へ」

ホームルームの最後、柏木先生――24歳、身長179センチ、銀縁のメガネと白衣が恐ろしく似合う、ちょっと癖毛の私タイプのイケメン

――が、とってつけたようにそう言った。

「はぁい」

つまらなそうにそう言ったけど、内心では鼓動が早まって仕方がなかった。

窓の向こうで、今を限りと盛大に音を立てている蝉の声よりも、私の心臓の方がずっと煩い。

「なにやらかしたの」と、笑うクラスメイトに「今日の化学の期末テスト難しかったんだもん」なんて言ってごまかしてから、トイレに寄ってメイクを直す。

乱れたポニーテールも整えて制汗剤をシュッとふる。

呼び出して欲しくて、白紙の答案用紙を出したんだもの。

「失礼します」

がらりと化学室のドアを開けた。
先生はテストの採点をしていたが、手を止めて立ち上がった。

今日は試験週間中で部活動もないし、先生方も忙しいのか化学室には柏木先生しか居なかった。

「試験中、何をしてた」

案の定、私の白紙の答案用紙を見せて呆れたように言う。

「ずーっと先生のこと見てました」
「お前なぁ」

呆れたように肩を竦めた後、困ったように癖のある自分の髪をくしゃりと撫で上げてるけど、本当は先生にだってわかってるはず。

前のページ

/5